Case Studies

メイン画像

約1ヶ月という短期間で「アバター同期」と「音声通話」を導入。
Photon Industriesを採用し、開発期間とリソースを削減できました

株式会社NTTドコモ

2021年2月、NTTドコモは、5GやAI、IoTなどの最新技術を活用したサービスやソリューションの展示を行うイベント「docomo Open House 2021」をオンライン上で開催。そのプラットフォームとして配信されたアプリ「Virtual Event Platform」のコアとなる部分でPhotonを採用しました。今回は、非ゲーム向けサービスPhoton Industries(以下、Photon)採用に至るまでの経緯と導入後の印象を、開発に携わったNTTドコモ・移動機開発部の方々に語っていただきました。

取材協力 R&Dイノベーション本部 移動機開発部 担当課長 村上 圭一氏 主査 野村 貴則氏 担当 田中 祐貴氏

―「docomo Open House 2021」について教えてください

「docomo Open House 2021」は、200を超えるドコモおよびパートナー企業の展示をお楽しみいただけるイベントです。昨今の社会情勢を踏まえて初めてオンライン上で開催し、各種のバーチャルイベントを開催できるアプリ「Virtual Event Platform」をプラットフォームに展開しました。

Virtual Event Platform

―「Virtual Event Platform」とは、どのようなアプリですか?

ドコモ・移動機開発部で開発したアプリで、イベント参加者は「Virtual Event Platform」の中で自分の顔写真からアバターを生成し、バーチャル空間を移動してさまざまな展示会を体験できます。また知人たちと最大10人のグループをつくって音声通話も可能です。

VRバドミントン
直感×アルゴリズム♪(おうちでバーチャルライブ)

―特に人気だったコンテンツは?

人や物を立体動画撮影してデジタル空間上で再構成する映像技術Volumetic Videoを活用した「VRバドミントン」や、女優の浜辺美波さんによる「ジェスチャークイズ」、3Dオブジェクトや動画をお楽しみいただける展示ブースの「直感×アルゴリズム♪(おうちでバーチャルライブ)」が特に人気でした。「今までにないVR表現」として注目していただきました。

―「Virtual Event Platform」の開発期間はどれくらいでしたか?

「docomo Open House 2021」をオンラインで行う検討を始めたのは2020年5月のことでした。そして夏ごろから「Virtual Event Platform」をスクラッチで作り始め、約半年という短期間で完成させました。

アバター同期に「Photon Unity Networking2」 (PUN2)を採用

―なぜPhotonを使うことになったのでしょうか?

「Virtual Event Platform」のコンセプトは、「今までリアルで行っていたイベントをバーチャルに置き換え、参加者同士や展示物の担当者とリアルタイムでコミュニケーションが取れる」というものでした。したがって、アバター同士が同じ空間を共有し、音声通話などのコミュニケーションをとれる必要がありました。

それを可能にするSDKを探していたところ、Photonを知り、アバター同期の部分で「Photon Unity Networking2」 (PUN2) を、グループコミュニケーションで「Photon Voice2」を採用しました。

―Photonを採用した決め手を教えてください

おもな理由は3つあり、ひとつはPhotonのネームバリューです。他社のゲームやVRイベント用のアプリでPhotonがよく使われているのを知っていました。

もうひとつは、実はドコモで「Virtual Event Platform」よりも前にグループ内でコミュニケーションできるアプリを試作したことがあり、そこでPhotonを使っていたからです。

そして最後に、今回は開発期間が非常にタイトだったため、「Photonは短期間で導入できる」というのも大きな魅力でした。

グループコミュニケーションに「Photon Voice2」を採用

―Photonを導入した感想は?

かなり使いやすくて驚きましたね。Photonは、ゲームエンジンUnityで使えるSDKですが、「PUN」や「Voice」のAppIDをWEB上のダッシュボードで発行し、そのIDをUnityに導入したアセットで適用、必要なスクリプトを用意する等、アバター同期と音声通話だけでいうと、それらで実装できたので、非常に導入がラクでした。

Photonを導入した後、「Virtual Event Platform」の使用テストを行い、Photonが担った部分もチェックしましたが、アバターの同期が最初からスムーズにできて、音声通話も簡単に行えました。

―Photonを導入して良かったことは?

「アバター同期」と「音声通話」という重い機能を、約1ヶ月という短期間で簡単に導入できたことが何より良かったですね。仮にPhotonが担った部分を自分たちで開発するとなると、かなり大変です。外部に発注してもこんなにスムーズに上手くいかなかったでしょう。本当に使いやすかったです。Photonを採用したことで、開発期間やリソースの削減につながりました。

また、PhotonはメジャーなSDKなので、使い方などのドキュメント類が豊富なのがいいですね。サポートも非常に手厚くて、たとえば「音声の品質を改善したい」と思った時にいくつか質問させてもらったのですが、とても丁寧に教えてもらい、改善することができました。サポートの手厚さも含めて考えると費用面もリーズナブルだと思います。

―「docomo Open House 2021」に参加した方々の反応と、今後について教えてください

「docomo Open House 2021」は無事に成功し、ユーザーアンケートの結果、「Virtual Event Platform」も高評価をいただきました。コンシューマーの方々に使っていただいたのはもちろん、多くの企業様にも「Virtual Event Platform」を体験いただき、ドコモの技術力を知っていただくことができました。

Photonには「Virtual Event Platform」のコアな部分を担ってもらいました。オンラインイベントはこれからも行う予定で、このプラットフォームは今後も活用していくので、Photonをこれからも使っていきたいですね。

Company Name 株式会社NTTドコモ
Service Info https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/12/14_00.html
Website https://www.nttdocomo.co.jp/

Other Cases

メイン画像

[2023 포톤 게임잼 인터뷰 - 저승협회 팀] 포톤 덕분에 프로젝트를 성황리에 마칠 수 있었습니다.

저승협회

メイン画像

[2023 포톤 게임잼 인터뷰 - 'Rêve' 팀] 학업과 병행해도 멀티 게임을 개발할 수 있었어요.

Rêve

メイン画像

[2023 포톤 게임잼 인터뷰 - PTSD 팀] 포톤에 대한 열정 하나만큼은 다른 누구와도 뒤처지지 않습니다.

PTSD

メイン画像

[2023 포톤 게임잼 인터뷰 - 퇴근 후 투게더 팀] 포톤에 다양한 기능들 덕분에 완성도 높은 서비스를 만들 수 있었어요.

퇴근후투게더

メイン画像

採用理由は高い安定性。Photonを採用し独自の世界観を実現した2人プレイ専用パズルアドベンチャーゲーム「違う冬のぼくら」

ところにょり

メイン画像

[2023 포톤 게임잼 인터뷰 - 'LAY' 팀] 포톤 덕분에 멀티 게임 개발에 대한 생각이 바뀌었어요.

LAY

メイン画像

엔클라우드24, 다운로드 100만 돌파한 모바일 RPG 게임 전문 쿡앱스의 “오늘도 던전” 의 포톤 도입 인터뷰 공개.

(주)쿡앱스
CookApps

メイン画像

'얼음땡 온라인' EOAG 게임즈, "포톤엔진, 개발에만 열중할 수 있게 해줘" (인터뷰)

EOAG 게임즈
EOAG Games Co., Ltd.

メイン画像

約1ヶ月という短期間で「アバター同期」と「音声通話」を導入。
Photon Industriesを採用し、開発期間とリソースを削減できました。

株式会社NTTドコモ

メイン画像

엔클라우드24, 서버개발자 없이도 게임 제작이 가능한 ‘포톤’ 서버엔진 인터뷰 공개

주식회사 스프링컴즈
Springcomes

メイン画像

“從遊戲愛好者到著名遊戲製作人之心路歷程”

數位卡夫特
Digital Crafter

メイン画像

'랜덤다이스' 111% 박진욱 CTO,
"포톤엔진 통해 멀티플레이 개발역량 빠르게 충족" (인터뷰)

111percent Inc.

メイン画像

신생게임사 로켓펀치 게임즈, "포톤서버 기반 개발로 역량강화" (인터뷰)

주식회사 로켓펀치게임즈
Rocket Punch Games Co., Ltd.

メイン画像

Photon Industriesのおかげで、VTuberとユーザーのリアルタイム対話を実現。「ストレスなく安定してちゃんと動く」ことに大きな信頼を感じています。

株式会社DONUTS

Back to list